天下無敵の城崎温泉編

▼vol.06|天下無敵の城崎温泉編(2015.10.20〜)
城崎国際アートセンター(KIAC)からの依頼で制作。およそ1ヶ月、城崎温泉に滞在してリサーチを行い、温泉街のコミュニティから多大なる協力を得た。素敵な子供たちと毎朝ラジオ体操をし、お寺に座禅に行った体験は忘れがたい。作品それ自体は、KIACにいるロボットの「ペッパー君」がたまに話しかけてくるというSF的設定にした。日英バイリンガル。

製作:但馬空港推進協議会、城崎国際アートセンター(豊岡市)
企画制作:BricolaQ

設計・編集・テクスト:藤原ちから(BricolaQ)
ドラマトゥルク・イラスト:落 雅季子(BricolaQ)
プロデューサー:宮永琢生(ZuQunZ)
翻訳:並河咲耶(konjac LLC)
リサーチ協力:武田力
案内人:ペッパー

Special Thanks:城崎温泉観光協会、豊岡市商工会城崎支部、城崎温泉旅館協同組合、そして特に、リサーチに協力くださったすべてのみなさん

 

 

▼No enemy in Kinosaki Onsen

Invited by Kinosaki International Art Center (KIAC). About 1 month, we stay at Kinosaki Onsen for resarch, and make good relationships with local living people. I went to “Radio exercises” and “zazen” in every morning, I cannot forget that experience. In this piece, the robot “Pepper” in KIAC sometimes calls to the participants, like SF story. I did work itself for setting of the SF which “pepper you” of the robot which KIAC needed sometimes talked to. Japanese and English bilingual.