profile

fchikara

藤原ちから(Chikara Fujiwara)

1977年高知市生まれ、横浜在住。批評家、編集者。ラボラトリー&メディアBricolaQ主宰。12歳で単身上京し、東京で一人暮らしを始める。以後転々とし、出版社勤務の後、フリーに。雑誌「エクス・ポ」、武蔵野美術大学広報誌「mauleaf」、世田谷パブリックシアター「キャロマグ」などの編集を担当。辻本力との共編著に『〈建築〉としてのブックガイド』(明月堂書店)。演劇批評を中心に様々な記事を執筆しており、徳永京子とは共著『演劇最強論』(飛鳥新社)のほか、ローソンチケットのバックアップによるウェブサイト「演劇最強論-ing」を共同運営中。演劇センターF創設メンバー。本牧アートプロジェクト2015プログラムディレクター。APAFアートキャンプ2015キャプテン。またBricolaQ名義では遊歩型ツアープロジェクト『演劇クエスト』を、横浜を中心に、城崎温泉、マニラ、デュッセルドルフなど各地で創作中。2016年4月よりNHK横浜「横浜サウンド☆クルーズ」にて現代演劇についてのラジオを放送中(毎月第3火曜18時)。

Born in Japan, in 1977. Live in Yokohama. Theater & dance critic. Magazine editor (of Musashino Art University, Setagaya Public Theater). Author of “Engeki Saikyo-ron: New Currents in Japanese Contemporary Theater”(2013). Radio personality for contemporary theater. The program director of Honmoku Art Project 2015. And the chief of “BricolaQ”, this unit has been producing “ENGEKI QUEST”, a series of flaneur style tour-performances in various locations with various artists, participated in Honmoku Art Project 2014, Theater ZOU-NO-HANA 2014, TPAM 2015, Kinosaki International Art Center, KARNABAL 2015&2016 (Manila), and will be in Nippon Performance Night 2016 (Düsseldorf) and so on.

■ツイッター:https://twitter.com/pulfujiko
■Facebook :http://www.facebook.com/chikara.fujiwara.7
■ブログ:http://bricolaq.hatenablog.com/

 

BricolaQメールアドレス

bricolaq@gmail.com