profile

DSCF1736   photo by Cheryl Who

 

藤原ちから(Chikara Fujiwara)

1977年高知市生まれ、横浜在住。批評家。BricolaQ主宰。アーティスト・コレクティブ「港の探偵団」を率いる。徳永京子との共著『演劇最強論』(2013)のほか、ローソンチケットのバックアップによるウェブサイト「演劇最強論-ing」を共同運営中。NHKラジオ「横浜サウンド☆クルーズに出演(2016-)。

セゾン文化財団シニア・フェロー(2017-)。文化庁東アジア文化交流使(2018年、香港、マカオ、上海)。

壁によって分断された世界を繋ぎ直すため、遊歩型ツアープロジェクト『演劇クエスト』を創作(2014-)。港や、人の移動への関心から、『港の女』を上演(2017)。

批評家、キュレーター、メンターとしてレクチャーやプレゼンテーションも行う。世界演劇祭(マンハイム、2014)、対話「災害後の演劇」(ソウルほか、2014)、演劇最強論in中国(北京、上海、2016)、McaMでの武田力作品のキュレーション(上海、2016)、KARNABAL Xでのメンター(2017)、FFTニッポン・パフォーマンス・ナイトでのトークやシンポジウム(デュッセルドルフ、2015、2016、2017)などの招聘歴がある。

 

Born in Kochi (Japan) in 1977, a theater critic and artist based in Yokohama or Kyoto.
The chief of “BricolaQ”, and the leader of the young artist collective called “Port Detectives”. Co-Author of “Engeki Saikyo-ron: New Currents in Japanese Contemporary Theater”(2013).

Senior Fellow of The Saison Foundation (2017-).
East Asian Cultural Exchange Envoy of the Agency for Cultural Affairs, Japan (2018 January, to Hong Kong, Macau, Shanghai).

In order to re-connect the world divided by walls, he produced the flaneur style tour-project “ENGEKI QUEST” (2014-).
And he is also interested in ports and human mobility, so he created the performance titled “Woman In A Port” (2017).

He was sometimes invited as a critic/curator/mentor for holding a lecture or presentation, such as Theatre Der Welt (Mannheim, 2014) , Dialogue about Theater after Disasters (Seoul, 2014), Penghao Theater (Beijing, 2015, 2016) , Shanghai Dramatic Arts Centre (Shanghai, 2016), Ming Contemporary Art Museum (Shanghai, 2016), KARNABAL X (Manila, 2017), FFT Nippon Performance Night (Düsseldorf, 2015, 2016, 2017).

■ツイッター:https://twitter.com/pulfujiko
■Facebook :http://www.facebook.com/chikara.fujiwara.7
■ブログ:http://bricolaq.hatenablog.com/

 

BricolaQメールアドレス

bricolaq@gmail.com