「徳永京子の現代演劇講座」出演

今週土曜はパルテノン多摩にて、徳永京子さんとトークをします。2月に観た舞台についてあれこれ語るというもの。

「徳永京子の現代演劇講座」第3回
3月4日(土)15:00~17:00

2月はTPAMもあり30本ほど観ましたが、個別の作品評(も重要ですが)にとどまらず、今話しておきたいトピックについても語るつもりです。

現時点でわたしのほうで考えているトピックとしては、ひとつは、TPAMで感じた海外ゲストと国内の作り手との温度差について。来年以降TPAMフリンジに出してみようかな、と考えてる人には特にお伝えしておきたい話です。

もうひとつは、国内の批評のあり方と、その受け止め方についてです。これは徳永さんはもちろん、いろんな人たちと議論したいポイント。

ともあれ、関東圏でこうした話を人前でするのは久々、かつ、しばらくないと思われますので、ぜひいらしてくださいね。観劇や批評にかんするご質問もどしどしお受けします。さらには豪華メンバーによる展示もあります。この講座は「演劇人の文化祭」の3本柱のうちのひとつなので。徳永さんによる趣旨文もリンクしておきますので、ぜひお読みください。