セゾン文化財団シニア・フェロー選出

I’ve been elected as a “Senior Fellow” of the Saison Foundation. 4 years until 2020.

突然ですが、実は、セゾン文化財団のシニア・フェローに選んでいただきました。2020年度まで。このタイミングで、4年という時間と資金をサポートしていただけるのは、とてもとても心づよく、ありがたいです。


I have multiple faces. “critic” “artist” “editor” “dramaturg” “curator”…… anyway I will be connecting with various people and cities. I want to share my experiences and networks with other artists for making the visions of “post-2020”.

批評家、アーティスト、編集者、ドラマトゥルク、キュレーター、といった複数の顔を持つことで、いろんな人や土地と結びついていくのが(わりと珍しいタイプの?)自分の特性なのだと思います。そこで得た経験やネットワークを他のアーティストともシェアして「2020年以後」に繋げていきたい。

My artistic theme is to break down / shake / melt some “invisible walls” which are separating this world. So I will develop “ENGEKI QUEST” more and more, and make new another project in this year. Please cooperate with me. Keep in touch.

そして世界を分断している「見えない壁」にどう立ち向かうかがわたしのテーマです。そのために今年は『演劇クエスト』とは別の新シリーズも立ち上げる予定。うまくいくかどうか、やってみないとわからないですけど。まああまり焦らず、人生楽しみたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

2017.2.28 藤原ちから